居酒屋 ドクオ亭

カテゴリ:読書( 6 )

ガッザの涙

a0054922_2315536.jpg


元イングランド代表
ポール・ガスコインの自伝を読んでたんでそれについて語ることに。

ガスコインって誰よ?
って人にはwikipediaからの参照でこれを

ポール・ガスコイン(Paul John Gascoigne、1967年5月27日 - )は、イギリス・ゲイツヘッド出身の元イングランド代表サッカー選手(MF)。

愛称は「ガッザ」。1984年にニューカッスル・ユナイテッドに入団。軽快なパスワークなどで得点をアシストし、1988年にはトッテナムへ移籍。1989年には代表に招集される。1990年のイタリアW杯では6試合に先発出場し活躍する。その後右膝の故障で活躍も影を潜めていたが、1992年にはセリエA・ラツィオへ移籍し復活する。シニョーリとのコンビは美女と野獣と呼ばれた。

代表でも、体調面での心配が囁かれたがEURO1996で鮮やかなプレーを連発し、完全復活を印象付けた。いわゆるオーソドックスなプレーをする選手が多いイングランド代表の中では異色の存在であり、スキル・発想力の溢れたプレーを随所に見せた。

しかし、無類の酒好きで問題をしばしば起こし、1998年のフランスW杯で代表を外されて以降、下降線をたどり2003年には中国のサッカークラブに移籍したが生活環境に馴染めずすぐに退団。イングランドの下部リーグへ在籍した後、現役を引退した。

2005年10月から下部リーグの古豪・ケタリング・タウンの監督に就任し、指導者としての再起を図るも同年12月、飲酒によるトラブルにより解任される。

2006年11月、ナイトスポットで騒ぎを起こし傷害容疑で逮捕された。



まあ長くて読むのめんどくせーって人には簡単に解説すると

ふとっちょな体型をものともしない素晴らしい素質とスキルを持つ名選手だったけど、
アルコール中毒や普段の悪行、数度の大けがなどで、
その才能を無駄にしてしまったと見る人が多い選手です。

本の内容はどんな感じだったかというと、
幼少時代の生い立ちから始まって
ニューカッスルでのデビュー、奥さんとの出会いと別れ、
イングランド代表のエピソードなど、
サッカー知らない人でも結構面白いんじゃないかなと
話しの構成がなかなかに上手です。

でも読んでると後半は
自分が失ったものを挙げてそれを悔やんでばかりな感じなんで
ちょっと切なくなるかもしれません('∀`)
あとアルコールに手を出したあたりのくだりも
言い訳ばっかだなこいつみたいに感じるかも
でもこいつもある意味被害者だったんだなとも考えさせられます。
日韓の時のベッカムもそうですが、
マスコミに持ち上げられてスター街道を走るようになることが
決して幸せをくれるってわけじゃあないですね。
一昔前の選手なんで俺も詳しいプレイとかは知らないんですが
ファンだった人とかだと、
ここまで話してくれるのを嬉しく感じると同時に
あのガスコインがこんな・・・・・みたいに思うかもしれないです。
まあそれをさっ引いても面白い。
最後は自分の今後について語ってるんですが、
無くしたものを悔いつつもあくまで前向きな姿勢には好感が持てます。
これからのガスコイン先生にご期待ください。

あれっ?なんか打ち切りっぽいシメになっちゃったな('∀`) 
[PR]
by from-here-on-in | 2007-01-29 23:33 | 読書

池袋ウエストゲートパーク

        な…
    _, ,_    なんなんですか?
  :.(;゚д゚):.  ここ、どこですか?
   :.レV):.   なんで三日連続で
    :.<<:.   更新されてるんですか?

表題のとおり

新刊出てたぜイヤッホォォォォォォウ!!!
というわけで第六巻をゲット

a0054922_23584539.jpg

池袋ウエストゲートパーク 灰色のピーターパン

結構前にドラマ化されたから名前は知ってるって人は多いと思うんですけど、
話しはかなりあれから続いてるんですよ('∀`)
現代社会の問題をテーマにしてうまく
そしてテンポよくまとめてるのがこの作品の特徴です。
作者の石田衣良さんは
4TEENで直木賞を受賞するなど、
作家として絶好調
この調子で頑張ってもらいたいものです。
そういやドラマの主題歌の「忘却の空」を歌ってたのは
元黒夢のSADSでしたね。
昔はSADS大好きで聴きまくったものです。

今? 聞くなよ('∀`)


清春はどこまで迷走するんだろう・・・・・・
[PR]
by from-here-on-in | 2006-07-08 00:00 | 読書

ロアルド・ダール

チャーリーのチョコレート工場で一躍日本でも脚光を浴びつつある
ロアルド・ダール
ちなみに俺はまだ映画見に行ってません('A`)
この人はSFおよび児童文学で有名な作家さんらしいんですが、
俺個人のお勧めは
「飛行士たちの話」 ってやつです。
自分が第二次世界大戦の時にパイロットだった経験から書かれた本書は、
飛行機好きにはたまらない話ばかりを納めた珠玉の短編集です。
エースコンバット大好きな俺ですが、
ミサイル全盛の今よりも、
こういうプロペラ機の話のほうがやっぱり読んでて面白いです。
特筆すべきことは、
あの宮崎駿の傑作「紅の豚」のなかのワンシーンに
この作品の中の描写が使われていることです。
落とされた飛行機達が向かう飛行機の墓場のシーンは、
この作品を読むとピンと来るでしょう。


ただ惜しむらくは、
恐らくこの本絶版になってしまってるんじゃないかなと(ノ∀`)
古本屋とかで見つけたら、
飛行機好きなら迷わず買いの一冊です。
[PR]
by from-here-on-in | 2005-11-13 11:59 | 読書

パイド・パイパー

ネビル・シュート著 を読破

大まかな話のあらすじはというと、
時代は第二次世界大戦、ドイツの電撃戦によって陥落しつつあるフランスから、
旅行でフランスに来ていた70歳のイギリスのおじいさんが、
フランスで知り合った人から預かった幼子を連れて、
イギリスまで脱出する話です。

俺が買った時の本の帯には、
「いざ行かん、冒険の旅へ!」という煽り文句がついていました。
主人公は70歳のおじいさん
普通の冒険ものにあるような、手に汗握るアクション、
銃撃戦などはありません。
でも確かにこれは冒険小説です。

イギリス人であることがバレてしまったら一巻の終わりであるという緊張感。
戦争の影響でまともに機能しない交通機関によって、
徒歩による逃避行すら強いられます。
足手まといになる子供を連れた逃避行は決して楽なものではありません。
しかしそれでも主人公の老人は、
預かった子供たちをイギリスに送り届けるために、
まさに老骨に鞭打って、頑張り続けるのです。
逃避行の途中での出会いや、またその出会いが逃避行の大きな助けになること、
最後のまさかの急展開など、
全体として素晴らしい作品です。
特に子供たちに見せるおじいさんの忍耐力の描写がいいです。
戦争というものをよく理解していないうえに、国籍もバラバラな子供たちに、
決して感情的にならずに接するイギリスのおじいさん。
まさに理想のイメージの英国紳士です。

読んだ後で驚かされたのは、
この作品の初出が1942年であるということです。
まさに第二次世界大戦の真っ最中に生まれたこの作品は、
優れた訳者のおかげもあるでしょうが、
60数年経過した今でも十分楽しめるものになっています。
本屋で見かけて、興味を持ったかたはよければ読んでみてください('∀`)ノ

ちなみにタイトルのパイド・パイパーというのは、
皆さんもご存じの有名な昔話 ハーメルンの笛吹きに出てくる
笛吹きの名前だそうです。

a0054922_1439646.jpg

[PR]
by from-here-on-in | 2005-11-07 14:44 | 読書

本の街

神保町で本屋巡り
活字中毒の人間にとってあそこはまさに楽園です。
復刻版フェアをやっていたらしく、気に入りそうなものを購入
読破したら感想を書きますヽ(´ー`)ノ

一日に一回は本屋に行ってる気がします。
もはや帰巣本能なのでしょうか('∀`)
でも本の匂いっていうかあの紙の匂いのする空間って、
なんとなく落ち着かないですか?
[PR]
by from-here-on-in | 2005-11-06 12:51 | 読書

天空への回廊

を読破

大まかにどんな話かを説明すると、
主人公の登山家が、
エベレストに登ってる最中に頂上付近にアメリカの人工衛星が墜落。
墜落した衛星にはとんでもない秘密が隠されていた!
その秘密を巡って、主人公、アメリカ合衆国、お約束の悪者が
戦う みたいな感じの一般的な冒険ものでした。
うん、600ちょいというページ数を意識させないサクサクとした展開で、
なかなか読みやすく、面白かったです。
世界最高、最難度の山、エベレストに立ち向かおうとする人間が、
ちっぽけなものであることを思い知らされます。
やっぱ人間もなんだかんだで自然には勝てないんだなと思いました。

↑中学生の読書感想文クラス

↓ここからは山に関する所見

人は何故山に登るのか?

「そこに山があるからさ」

という言葉はみなさん一回は聞いたことがあるのではないかと思います。
これはイギリスの登山家 ジョージ・マロリーという人の言葉で、
この人は確か38歳で、このエベレストに挑んで命を落としてます。
最近になって数十年ぶりに遺体が発見されたというニュースを見ましたが、
遺体が回収されたかどうかまでは定かではありません。
しかしこれは珍しい話ではなく、エベレスト山頂付近では、力尽きた登山家たちの遺体が
結構ゴロゴロしているそうです。
死んだあとも山の一部になるってことですかね?
登山家にとっては納得づくの死に方なのかもしれません。

ちなみに俺は階段上るのも億劫なタイプなので登山家にはなれなさそうです('∀`)
こういう登山もの?の本を読むたびに思うことは、
こいつらほんとよくやるなー ってことですかね?
普通に考えておかしいですもの。
酸素ボンベしょって、気温ー40度とかのくそ寒い山をなんで登らないといけないのかと
しかも一つしかない命や自分の体を危険にさらしてまでです。
費用だってバカにならんだろうになあ・・・・・

まあでもそういう物理的なものを無視してでもやりたいことをやる人はやるだろうし、
みんな同じ考えかただと人間もつまらないですよね。

頑張れ、冒険家の人たち 超頑張れ('∀`)ノ

注、イメージ画像です。 エベレストじゃありません。
a0054922_1112146.jpg

[PR]
by from-here-on-in | 2005-11-03 11:11 | 読書



毎日のgdgdとかを適当に
カテゴリ
全体
日記
音楽
読書
ゲーム
カルピス
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
Link
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧