居酒屋 ドクオ亭

クロコダイル・ダンディーが漁師にジョブチェンジ

「ワニは魚である」、オーストラリア議会で決定 | Excite エキサイト

[キャンベラ 18日 ロイター] 魚はいつ魚と呼べなくなるのか? 4本足と鋭い歯を持つは虫類……そう、ワニは魚と呼べるのか!?

あるオーストラリアの政治家が「魚の定義」について熟考した結果、「ワニは魚である」とする新案を国会に提出、このたび承認された。

オーストラリア英語の辞書として知られる『Macquarie Dictionary』に記載されている魚の定義は、「えらを持った水生の脊椎動物で、一般的にひれがあり、その細長い体はうろこで覆われている」とされており、今回の決定はこの定義に対立するものとなった。

オーストラリアにおける新たな「魚」の定義は木曜日に議会で承認され、2006年度の輸出管理・検疫法案にも明記される。

オーストラリア農務省のスーザン・レイ副大臣によると、「ワニは魚である」と提案したその目的は、ワニはもちろんのこと、同国が魚の輸出管理をより広い範囲で行えるようにするためだという。

ちなみに、『Macquarie Dictionary』では「ワニはは虫類」とされている。



つまりは簡単にまとめると、
商業用にさばくのを簡単にするために
建前上はワニを魚と同じカテゴリーで取り扱うということですかね。
ワニって皮が財布やバッグに大活躍ですし、
肉もなんか鶏肉みたいだとかいう話しを聞いたことがあります。
案外これで新たなお金儲けの道が見つかるかもしれません。

いやだがしかしこれはないだろ('A`;)
ワニっすよ?
生物の授業とかではハ虫類の代名詞としてよく取り上げられる
あのワニですよ?
それならワニを商業利用するための法整備をしたほうがいいんじゃないかなと
思うわけですが・・・・
訳が分からないよオーストラリアン
あの進化論を提唱した偉大な学者ダーウィンの名前を冠した街すら存在するのに
何をやっているんでしょうか(ノ∀`)

というかこれが決まってしまうと
タイトル通りクロコダイル・ダンディーの扱いも
ワニハンターからただの漁師扱いになるわけですが・・・・
漁師さんをバカにしてるわけじゃないですが、
ワニハンターというインパクトある特徴が一瞬でかき消されるという
恐ろしい事態が発生するわけですよ。

だって職業聞いた時に
「ワニハンターだ。」

「漁師だ。」

どっちがインパクト強いかっつーと当然前者なわけで・・・・
つまりオーストラリア政府は
クロコダイル・ダンディーの監督とか主演男優の人とかにあやまれ!ヽ(`Д´)ノ
しかしやっぱり、
タイトルも当然変わって、「漁師・ダンディー」になるんでしょうか
俺のイメージだとマグロ漁船にダンディなおじさまが乗り込んでる画像が浮かぶんですが
それはある意味見てみたいかもしれない・・・・・('∀`)

ちなみにクロコダイル・ダンディーとは
こんなの


そういや余談ですが、
日本ではサメのことをワニと呼ぶことがあるみたいですね。
俺子供の頃、因幡の白ウサギの絵本を読んだ時に
そこでサメのことをワニと表記してあって、
てっきり当時のピュアな俺はハ虫類のほうのワニが海に居るものだと
思い込んでしまいました。
絵本にはどう見てもサメが書かれてたのにね(ノ∀`)
ワニは海にも居ると主張して大恥をかいたあの頃を
ふとこれを書いてて思い出しました。
思いこみって怖いなあ。
[PR]
by from-here-on-in | 2006-08-22 20:45 | 日記
<< The Feelingとやら 俺はクワガタ派でした。 >>



毎日のgdgdとかを適当に
カテゴリ
全体
日記
音楽
読書
ゲーム
カルピス
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
Link
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧